皆さん、こんんちは。関市ビジネスサポートセンターの杉山です。
2月8日(水)の日経MJ新製品紹介のコーナーに、セキビスでサポートしているエコクラフトさんの商品が掲載されました。エコクラフトさんは、1998年に代表の矢井さんが立ち上げた100%自然素材のクラフト材料を扱う専門メーカー。卸ルート以外の販路を獲得すべく、情報発信と新商品開発をセキビズがサポートしています。今回はセキビズから情報発信策として日経MJへのニュースリリースを提案し、掲載が実現しました。

IMG_1006

エコクラフトさんは流木や貝殻などを数多く品揃えしています。どれも必ず自然に帰る「天然もの」ばかり。天然素材なので、どれ一つとして同じものはありません。貝殻など多くの素材を海外から輸入していますが、 これは矢井さんが長年かけて築き上げた独自の仕入れルートを使っています。簡単に真似しようとして輸入しても粗悪品を買わされるなど、現地との信頼関係がないとうまく行かないそうです。また、流木は近くの山で収集したものを丁寧に下処理しています。矢井さんは「国内で質の高い流木をたくさん用意できるのはエコクラフトだけだ」と言い切ります。エコクラフトの強みはこの「仕入力」にあります。

色や形、大きさなどが不揃いであることが自然素材の魅力です。お客様は銀座の高級時計店や東京都心のブティックなどアッパークラスの店舗から、一般の雑貨屋さんまで幅広く、主に商品を展示する場所やお店のインテリアとして使われています。小売業の方はエコクラフトさんのホームページは要チェックですよ!

ちなみに、我が家でも飾っています。
IMG_1009